VR-G

中園孔二 | 外縁-見てみたかった景色

中園孔二(1989~2015)は東京藝術大学在学中より、多彩かつ様々な技法で夥しい数の作品を残しました。型にはまらない、奔放なイメージを次々に立ち上げる気鋭の画家として、「Japanorama」(ポンピドゥー・センター・メス、2017)、「第7回モスクワ・ビエンナーレ」(国立トレチャコフ美術館、2017)などその短い生涯の後も重要な展覧会に出品を重ねており、多くの人々にインパクトを与え続けています

中園は絵を描く時の動機について、「出来上がる表面はばらばらに見えますが、すべて自分の見てみたかった景色です」と語っています。溢れる色彩、多種多様な画材による、ユーモラスで不気味な生きものたちに託された外縁の内側にある、まだ見ぬ景色。

本展は横須賀にゆかりのある中園孔二を美術館で開催する初めての個展であり、約50点の作品を通じて、彼の鮮烈でバリエーション豊かな絵画世界に触れる貴重な機会となるでしょう。