VR-G

田名網敬一 | 記憶の修築

この度、NANZUKAは、田名網敬一の新作個展「記憶の修築」を開催いたします。 本展は、NANZUKAおよび渋谷パルコ2F 2G内のNANZUKA 2Gにおいて、同時期開催の企画展となります。 田名網は近年、自身の記憶や夢を原風景とした壮大な物語の制作に励んでいます。視覚によらない世界を造形化する試みは、無意識の意識を表現しようとしたシュールレアリスムに代表されるように、これまでにも数多くの芸術運動や芸術家によって試されてきました。しかし、田名網の関心は、一元的な記憶や夢を扱うことに留まりません。田名網は、アメリカの心理学者ジョン・コートルの著書『記憶は嘘をつく』(1997)にある「人が無意識のうちに記憶をつくり変えながら生きている」という説を引用しながら、自身の記憶が生き物のように常に変化を遂げながら作品に影響を与えている様子を研究し続けています。その40年に渡る夢日記の一部を収録した自身の著書『夢の悦楽』(2017)では、夢の視覚言語化を試みることで、自らの脳内イメージを客観的に捉えようとする田名網の創作活動の神秘を垣間見ることができます。 本展「記憶の修築」は、幼少期に戦争を経験した田名網自身の記憶と創作活動のメカニズムを視覚的に暗喩した展覧会のシリーズです。本展では、箱庭的な立体作品、大作のコラージュ作品、ミクストメディアのペインティングと多岐にわたる新作を発表します。一見すると奇怪でありながらもポップな妖怪画のように見える田名網の近作ですが、そこに描かれているのは田名網の実体験に基づき、時に夢を媒介として修築された様々な記憶です。例えば、今回田名網が新たに描いたペインティングには、1938年にアーニー・ブッシュミラーによって発表され、日本でも戦後の朝日新聞で紹介されて人気を博したアメリカンコミック『Nancy』や、1966年戦に初放映された日本を代表する特撮ヒーロー『ウルトラマン』が、田名網が記録している戦時下の爆撃を想起させるシーンや田名網特有の奇形生物などと一緒に登場します。また、ペインティングと平行して精力的に制作を続けている大作のコラージュ作品には、田名網が青年期に親しんだ20世紀中頃のアメリカの雑誌から引用したアメリカンコミックや往年のハリウッド女優の姿を発見することができます。 田名網作品が近年アート的に極めて重要であると再認識されている理由は、独創的なコミックスタイルの造形を武器にしたポップアートという点に留まりません。田名網の作品は、それが個人的に制作された作品であれ、雑誌やポスターなどに描き下ろしたコマーシャルワークであれ、その全貌が日本をフィルターとした戦後世界全体の社会文化史を物語っているからなのです。

アーティスト
田名網敬一
会場
NANZUKA
公式サイト
田名網敬一 記憶の修築
展示風景画像
田名網敬一 個展「記憶の修築」 NANZUKA、東京、2020 ©Keiichi Tanaami Courtesy of NANZUKA