VR-G

西野達 | やめられない習慣の本当の理由とその対処法

活動の主な舞台をホワイトキューブの外に置く西野達が目論むのは、公共性の高い場所に私的空間を唐突に出現させ、世界を異化すること。「笑い・暴力・セクシー」を標榜し、1990年代後半からテンポラリーに特化したパブリックアートの形態を用い、アートの新しい方向性を提示しながら時代の先頭を走ってきた西野達。グラフィティ風のストリート・ペインティングなどとはまったく別のストリート・アートで不可能を可能にしてきた彼が、ギャラリーでの展覧会を10年ぶりに開催します。

2020年1月25日(土)から2月22日(土)まで、会場はANOMALY、展覧会タイトルは「やめられない習慣の本当の理由とその対処法」。

西野達は、街のモニュメントや街路灯などをインスタレーションに丸ごと取り込む格好で部屋を建設し、リビングルームやホテルに仕立て上げ、ホテルなら実際に「営業」するなど、普段見慣れた風景をその文脈をずらすことでダイナミックに異化させ、我々の固定概念を軽やかに凌ぐ、大規模なプロジェクトを多く発表してきました。

本展「やめられない習慣の本当の理由とその対処法」では、プライベートをパブリックな場に表出させることで日常的な観念を破壊し価値観の転換を迫ってきた西野が、屋外や美術以外の文脈を持つモノを屋内(=漂白されたギャラリーという特異な空間)に持ち込む、逆のプラクティスです。ギャラリー空間では見ることのない、様々なデイリーオブジェクトや身近なツールを用い、驚くべき手法で、ホワイトキューブに設置します。その壮大なアイデアは、あらゆる概念を凌駕し、ウンハイムリッヒ(*1)とも言える独特な空間を作り上げます。

例えば、屋内への搬入が悩ましいヘビー級の巨木、公道を走っていたはずの車両の断片、自宅にある家具や家電・・・。様々な日常的な場にあるモノが、本来あるべきコンテクストを剥奪されギャラリー空間に構成されたとき、その異物性が姿を現します。西野が作るモノの集積は、ローカルで地域文化を表象するようなモノでありながら、ある一定の観点や嗜好性から選ばれた様相はありません。その集積は、驚きと可笑しみをたたえつつ、同時に冷徹な客観性を帯びながら、意味を宙吊りにします。用途を無視することでオブジェクトそのものを還元し、モノが本来持つフォームを見事に浮かび上がらせます。

西野という巨人が操る、モノの意味の還元と交換、そのモノ本来が持つ驚きに満ちた姿は、どの文化に生きる人にも共通する異物感があり、我々の想像力をダイナミックに拡張します。

(*1)unheimlich:ドイツ語の「heimlich」は家の中や親しみのあるものという意味。その否定形の「unheimlich」を、奇妙なもの、見えていなかったものが表出する、という意味で使っている。

アーティスト
西野達
会場
ANOMALY
公式サイト
西野達 個展 やめられない習慣の本当の理由とその対処法

サムネイル写真 : 「やめられない習慣の本当の理由とその対処法」展示風景 ©︎Tatzu Nishi
撮影:木奥惠三、Courtesy of the artist and ANOMALY